FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
品川から成田エクスプレスに乗り、成田空港へ。
チェックインをすませた後、上の階の和食やさんで夕食を食べた。
しばらく美味しいものにはありつけないんだから、と言われ、僕は大好きないくら丼とそばを食べた。

同じ階でおみやげにヨックモックを4箱買った。
学校の留学生担当者、寮母さん、寮の休みにお世話になる予定のホームステイ先、そして機内でお世話になる乗務員用である。

X線の所で母と弟と別れた。
とんでもなく不安で逆流したくなりそうだったので振り返らずにパスポートコントロールのところに行った。

ボーディングタイムが来て、飛行機に乗り込み、お菓子を渡した。

「私の息子は14歳す。初めての一人旅です。パーマストンノースまで行きます。書類の記入などわからないことがあったらどうぞヘルプして下さい。」とハローキティの付箋に書いた物を貼り付けたお菓子を、機内で渡しなさい、と母に言われていたのだった。

夏休みだったのに機内は満席ではなかった。
今まで夏休みに家族旅行でハワイに3回行った事があったけど、いつも満席だったからちょっとびっくりした。

食事が終わって書類が配られた。
あらかじめ入国書類について書かれているHPをプリントアウトして、書いておいた紙を持っていたのでそれをそのまま写した。
しばらくして、とても背の高い男の人来てが「書類を書きましたか?」と(日本語で!)聞いて下さったので、書いたものを見せると「ラブリー」と言って戻って行った。

ラブリーって何だろう?
どうして書類がラブリーなのかな?
女の子が書く丸っこい字ならラブリーかもしれないけど、僕の字は汚いし・・・なんて思っているうちに寝てしまった。

本当は映画も見たかったんだけど、イヤホーンの左側が聞こえなかったのでやめたのだ。

朝食の時間にアナウンスで起きた。
11時間も座りっぱなしで腰が痛くなった。

到着前、イヤホーンを回収しに来た人が「皆が降りてもしばらく席にいるように」と言ったので言われた通りにした。
僕と、赤ちゃん連れのお母さんが最後に降り、地上職員の人に連れられて通関し、待合室で国内線の出発まで待つことになった。
ニュージーに着いたら電話するように言われていたのに、出来なかった。
でもおかげで一番心配だった国内線への乗り継ぎもクリア出来、ほっとした。

オークランドはニュージーランドで一番大きい空港だと聞いていたけど、国内線の飛行場は、飛行機まで歩いていく昔の映画にでてくるようなレトロな飛行場でびっくりした。

飛行機はとても小さく(ハワイの島に渡った時に乗ったのとおんなじだ)、とても揺れた。

国内線なのにジュース、紅茶、クッキーのサービスがあった(現在はもうやっていない)

窓側の席だったのでずっと下を見ていた。
山と草原ばかり。
グリーンのじゅうたんに白い斑点がある。何だろうと思ってよーく見てみるとそれは羊だった!。

1時間ほどの飛行を終え、やっと空港に到着。
一応国際線もある(ホントかな、って疑っちゃうけど)飛行場なのにこれまたビックリ!荷物が廻っているカルーセルまで自由に出迎えの人が入って来ることができるのだ。

荷物を探していると女性が近づきこう言った。
「あなたがおじゃるね、私はキャラメル・ラーメンよ」(当時の僕にはそう聞こえたのだ)
学校のスタッフが空港まで迎えに来て下さっていたのだ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://caregivernz.blog108.fc2.com/tb.php/8-1c01240a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。