FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.31 留学先の選定
さて、留学先を選ぶにあたって僕の希望は、

1.寮生活ができること。
  中学時代の楽しい寮生活をそのまま高校でも続けたかった。

2.日本語の授業があること。
  たいていの日本の高校では外国語の授業というと英語が必修だが、もともと英語が母国語の
  NZでは外国語はフランス語や日本語、韓国語や中国語から選択が出来る。
  日本語の授業があるってことは、学校の中に日本語が理解できる人が最低一人はいるってこ                       と。
  英語に自信のない僕にとって、いざという時に頼れる人がいるのはありがたいこと。

3.テニスが出来ること。
  大好きなテニスをNZでも引き続き続けたかった。

4.出来れば共学。

以上の条件をもとに、ニュージーランドの留学生受け入れ可能な学校リストを一つづつチェックしていったところ、十数校が残った。

それらの学校にメールを出し、かんじの良かった学校をさらに選び出した。

かんじの良かった・・・って言うのは僕の拙い英語を一所懸命理解しようとして下さり、丁寧なお返事を下さったところ。まだまだ英語初心者の僕を受け入れても我慢強く(?)面倒見てもらえそうなところ。
親元を離れて一人ぼっちでこれから3年間過ごす間にはいろんなことがあるだろうけど、いつも親身になってケアしてくれそうなところ、と思った学校です。

メールを何通かやり取りして、最終的に5校位に絞った。

僕が驚いたのは、書き出しは会ったこともないのにファーストネームで呼ぶことだった。

「ハーイ、おじゃる。元気でやってる?日本はそろそろ夏になるの?
 こっちはだんだん寒くなってきたよ。」

なんて具合のメールが直接校長先生から来るんだ。
(ただし、大きな学校は留学生のお世話をするスタッフがいる)

そうしているうちに、中3の1学期も残り僅かになり、夏休みを利用して直接現地に行ってみよう・・・ということになったのでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://caregivernz.blog108.fc2.com/tb.php/5-547d2e27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。