FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.16 授業の様子
今回は授業について書いてみます。

短期留学生ということで、チューターのアドバイスに従い、選択した科目はPE(体育)、音楽、(外国語としての)日本語、数学、ESOL(留学生用の英語)。

PEはやりたいスポーツをまるで課外活動の部活のように選べた。
ただ、やりたかったテニスは、NZでは夏のみのスポーツということで選択できなかった。
(都会では1年中出来るところもあるらしい)
折角立派なテニスコートが何面もあるのに、もったいない。
ネットがだらんと垂れ下がったままだった。
もったいないといえば、ゴルフコースだってあるのに夏しか使わないとかで草ぼうぼう。
農場の羊が進出してきて寝そべっている。
ラグビーとかもあったけど、ボクはサッカーを選んだ。

音楽も何かしら楽器を選んで専門的に習うのだ。
ピアノは小さい頃習っていたけれど、全くものにならなかったので、ギターにした。
結果は同じだったけど。

日本語は日本に何年か留学したことの先生が担当だった。
ボクのように、あまり英語が流暢でない人間には、学校の中に日本語がわかる人がいてくれるというのは、心強い。
それに授業が英語で行われるにせよ、日本語についての説明は想像できるので、いいヒアリングの練習になる。

数学は、ボクにとって苦手科目の1つだったけれど、この国ではそんなに悪くないレベルだった。
英語の能力も必要ないし・・・・。

ESOLは1つの教室に留学生が集まって勉強するんだけれど、それぞれの能力に応じて個々に進んで行く。まるで分校の授業みたいだ。
ペンギンブックスなどのペーパーバックを使ったり、トピックスを与えられて作文を書いたりした。

大学のように休み時間に次の教室に移動して、先生のいらっしゃる教室に行くんだ。

日本と違ったところは、どなたか授業を見学にみえたりすると、いっせいに立ち上がって礼をしなければいけないこと。それと機能の複雑な携帯が普及していないせいか、授業中にメールするような生徒がいないことかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://caregivernz.blog108.fc2.com/tb.php/14-98e1e791
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。