FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.25 寮について
 学校の構内に寮が二つある。ジュニアハウスとシニアハウスだ。
最高学年の中の何人かは監督生としてジュニアハウスで生活し、寮母さんたちと協力してジュニアの面倒をみてくれる。
 寮は2階建てで、ジュニアハウスは監督生以外二人部屋になる。
 ヨーロッパ系の(アメリカのようにバカでかくない)狭いベット、机、ロッカーが1つずつついている。
 部屋にドアはなく廊下から丸見え、自由に友人の部屋を行き来することが出来る。

 コモンルームには卓球台とビリヤードがあり、夜や雨の時もみんなで遊べる。
 金曜日の放課後はスクールバスが町まで出るので、スーパーで食料を買い込んだり、CDショップにもいけた。
 週末はチューターがタウンで借りてきて下さったDVDやタイ人が持ってきた映画をPCで見たり、結構みんな仲良しだ。
 放課後はクリケットやサッカーで遊んだり、紅茶を飲みながらおしゃべりしたり・・・・。

 僕はシャイな性格の上に、英語があまりわからないのでおとなしくしていたが、みんなよく世話をやいてくれた。
 とくにタイ人のCはいつも、
 「おじゃる、何か困ったことはないかい?」とか
 「楽しい?」とか聞いてくれ、おまけに不器用な僕がネクタイを結ぶのに苦労しているとため息をつきながら結んでくれた。

 海外やNZでも南島など遠方からの学生はフルボーダーと呼ばれ、地元出身で週末毎に帰省する学生はウイークリーボーダーと呼ばれていた。たとえ地元とは言え、NZは交通の便が悪いので寮生活をすることは決して珍しいことではないのだ。
 
 ルームメイトになったFは地元の農場の息子だった。キウイにしては体が小さく、いつもアメをなめていた。ちょっぴり悪ガキで、お調子者でにくめないやつだった。今はどうしているだろう。

 食事は構内の食堂に行って朝昼晩(というか夕方)頂く。

 シャワーは浴びているとすぐに水になってしまう。
 ふゆだったので本当につらかった。

 洗濯は外注で汚れ物を出しておくと数日後戻ってきた。
 制服(たった3週間だったのに貸してもらえた)のほつれも寮母さんがつくろって下さった。

 写真があるのでそのうちアップします。

 
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://caregivernz.blog108.fc2.com/tb.php/10-4a88b898
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。