FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おじゃるの母はあちこちの旅行会社に行ってはパンフレットを集めてきたり、夜中にPCとにらめっこして短期留学のツアーをチェックしていた。

大学生や高校生向けのツアーは沢山あったが、中学生となると語学学校で英語の勉強をするものが主だった。

ついに、
「とりあえずダメモトで・・・」
と言って候補の学校の1つに体験留学の話を持ちかけたところ、
「OK,いつから来るの?」
って事になってしまった。

日本じゃ考えられない!
「何かあったらどうする?」とか、
「そうなったら誰が責任とる?」とかいう話になって前例のないことは誰もやりたがらないはず。

何だかよくわからないまま、部活の合宿が終わったら3週間現地校にいれてもらうことになった。

そして3週間後、家族は僕を迎えに行って、その学校と他に候補としてあげているところを見学し、ついでにスキーや観光をしようというもり沢山の計画が練られたのだった。

スポンサーサイト
2007.07.31 留学先の選定
さて、留学先を選ぶにあたって僕の希望は、

1.寮生活ができること。
  中学時代の楽しい寮生活をそのまま高校でも続けたかった。

2.日本語の授業があること。
  たいていの日本の高校では外国語の授業というと英語が必修だが、もともと英語が母国語の
  NZでは外国語はフランス語や日本語、韓国語や中国語から選択が出来る。
  日本語の授業があるってことは、学校の中に日本語が理解できる人が最低一人はいるってこ                       と。
  英語に自信のない僕にとって、いざという時に頼れる人がいるのはありがたいこと。

3.テニスが出来ること。
  大好きなテニスをNZでも引き続き続けたかった。

4.出来れば共学。

以上の条件をもとに、ニュージーランドの留学生受け入れ可能な学校リストを一つづつチェックしていったところ、十数校が残った。

それらの学校にメールを出し、かんじの良かった学校をさらに選び出した。

かんじの良かった・・・って言うのは僕の拙い英語を一所懸命理解しようとして下さり、丁寧なお返事を下さったところ。まだまだ英語初心者の僕を受け入れても我慢強く(?)面倒見てもらえそうなところ。
親元を離れて一人ぼっちでこれから3年間過ごす間にはいろんなことがあるだろうけど、いつも親身になってケアしてくれそうなところ、と思った学校です。

メールを何通かやり取りして、最終的に5校位に絞った。

僕が驚いたのは、書き出しは会ったこともないのにファーストネームで呼ぶことだった。

「ハーイ、おじゃる。元気でやってる?日本はそろそろ夏になるの?
 こっちはだんだん寒くなってきたよ。」

なんて具合のメールが直接校長先生から来るんだ。
(ただし、大きな学校は留学生のお世話をするスタッフがいる)

そうしているうちに、中3の1学期も残り僅かになり、夏休みを利用して直接現地に行ってみよう・・・ということになったのでした。
パソコンが壊れてしまった。

DVDや音楽も沢山入っていたけど、僕の3年間の写真も全てそこにいれたままでした。

15歳で初めて一人で渡航し、2学期が始まるまで約1ヶ月通った語学学校で出来た初めての韓国人と中国人の友達。
緊張のかたまりだった僕を温かく(にぎやかに)もてなしてくださったフィリピン人のホストファミリー。
クラスの仲間や、放課後いつもピンポンやビリヤード、サッカーやテニスで盛り上がった寮の仲間たちや寮監さん。
タームホリディに通ったネピアの語学学校で知りあった人達。
NZから帰国して遊びに行ったタイ人の友達の家・・・。

バックアップを取らなければと思い、Iポッドを買った矢先にPCが壊れてしまい、東芝に連絡したところ、中身を換えなければ直らない、と言われ、ずっと迷っていたのですが、先日あきらめ大枚5万3千円をはたいて修理に出し、戻ってきたところです。

今頃言われても遅いよ~。
知り合いのPCに詳しい人に「ハードディスクを返してもらえば、リカバー出来るんだよ。」何て・・・・。



もっと早く教えてくれよ~~~~~~~~~~~~。
傷心の日々。(ToT)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。